腰痛

腰痛は、厚生労働省の調査の「性別にみた通院者率の上位五傷病」で第1位の高血圧症に続き、男女共に第2位となっています。この調査でわかるように多くの方々が腰痛で困っています。腰痛は症状が出なくても少しずつ状態が悪化していきます。最初は痛みが出たり、治まったり、誤魔化しは出来ます。しかし、重たい荷物を持ったり、中腰での作業が多かったり、座っている時間が長かったりして腰へのダメージは続いています。痛みがないから大丈夫と安易な考えでいると、重篤な疾患に陥る場合もあるので気をつけましょう!

腰痛の85%が原因不明

非特異的腰痛
画像診断で判断できない腰痛を非特異的腰痛といいます。腰痛で悩んでいる方の85%程度の方が画像診断で判断できない腰痛です。腰に強い痛みがあるのに検査の結果は「骨には異常がない」と判断され、はっきりとした治療法は特に示されないまま痛め止めや湿布を渡されるだけで診察が終わってしまうことも少なくありません。
特異的腰痛
レントゲンやMRIなどの画像診断により骨・神経・椎間板などの異常が認められる腰痛
腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・腰椎圧迫骨折などがあり全体の15%程度を占めます。

非特異的腰痛と特異的腰痛

非特異的腰痛とは、画像診断では判断がつかないものをさし「骨には異常がない」もしくは「骨と骨の間だ狭くなっている」と病院で診断される腰痛です。しかし腰痛の全体の85%が非特異的腰痛で異常がないと言われているのに痛みをかかえて苦しんでいる方が多いのが現状です。非特異的腰痛が悪化すると特異的腰痛(腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症)などの疾患になる恐れがあるので気を付ける必要があります。
では、どこが問題なのかといいますと、「椎間板」「椎間関節」「仙腸関節」などの異常により腰痛が起こることが、最近の研究で分かってきました。