腰痛の病理的原因には、「筋肉・関節の炎症」「神経の圧迫・炎症」「ストレス・うつ・不安」があり、最近、テレビなどで腰痛は脳に原因があるといわれているのは、ストレス・うつ・不安によるもので、腰痛が慢性化しています。※MRIやCTやレントゲンなどに異常がないく、3か月以上の腰痛を慢性腰痛といいます。

ストレスによる慢性腰痛

正常な場合は、下行性疼痛抑制系により、ケガをしたり、痛めると損傷部位から脳へ痛みの信号を送ります。そうしますと、脳からドパミンといる神経伝達物質を放出されます。その結果、脳内麻薬であるオピオイドが大量に放出され、痛みを遮断し症状を緩和させてくれます。しかし、ストレスがある場合では、脳に痛みの信号がきても、ドパミンが放出されず、軽度な損傷でも、痛みが強く出たり、痛みが引かない状態が長く続き慢性腰痛となります。

ストレスによる慢性腰痛の治療法

改善方法では、ストレスの原因を取り除くことが1番ですが、なかなか難しいのが現状です。そこを踏まえて考えると運動療法が1番の治療となり、補助的に薬物療法や認知行動療法があります。運動療法をすることで、関節の機能が高まることは当然のことですが、脳の血液循環が改善することで下行性疼痛抑制系が機能し、再び脳からドパミンが放出され、痛みから解放されるようになります。

筋肉・関節の炎症や神経の圧迫・炎症も運動療法は有効

筋肉・関節の炎症や神経の圧迫・炎症でも初期は、運動療法は適しませんが、痛みが落ち着いてきて、そこから、なかなか痛みがない場合は、マッサージや電気療法よりも運動療法が有効です。損傷する場所は、筋肉が弱くなっているため、支持機能が低下し、常に負担がかかるので、なかなか炎症は治まりません。骨格を支えているのは筋肉です。しっかり鍛えることは大切です。

薬物療法

痛め止めの非ステロイド性消炎鎮痛剤・アセトアミノフェンを処方しますが、ストレスによる慢性腰痛では、効果が少ないことが多く、抗不安定剤や抗うつ剤を処方します。その他にも、筋弛緩薬やオピオイドなども使われます。

認知行動療法

認知行動療法は、考え方を変えて、私生活(行動)を変え行く方法です。例えば、腰が痛いから何もできないと思って、安静にしていると、かえって慢性腰痛を作ってしまいます。慢性腰痛では、痛みが出ても動かした方がいいので、腰が痛くても動かせると思うことにより、活動的になり、ストレスから解放され下行性疼痛抑制系が正常に働き、痛みが取れるようになります。

まとめ

好きなこと・やりがいのあることををすることで、脳内でドパミンが沢山分泌されます。そのことにより下行性疼痛抑制系が正常に働き、痛みが取れますので、腰の痛みを怖がらずに、楽しく活動的に過ごすことが大切です。