勉強会
平成23年6月19日 私の母校である大東医学技術専門学校に行って来ました。平成22年度以降の生徒募集を行わないことが決定し、廃校となります。そして今日は、最後の夏期講習となり、私の師匠と共に講演を聞きに行きました。講演者は、トップアスリートの足底板を手がける、<足と歩きの研究所の所長> 入谷誠先生です。演題は、「下肢の障害に対する考え方」です。入谷先生は、かなり有名な先生で、足底板を使ってスポーツ選手のケガなどの障害をケアーをしたり、パフォーマンスを上げるようにします。今回は、その足底板の話ではなく、更に進化した講演で、入谷先生が初めて人前で話す内容だったそうです。2時間を超える講演で、その時間では、説明しきれない内容でしたが、とても面白い講演でした。簡単に内容を話しますと「関節の動きを補正して運動連鎖を導く」ようなことでした。難しい内容でしたが、しっかり学びたいと思いました。でも講習会はないだろね(^_^;)