妊娠中で腰痛でお悩みの方は多いのではないでしょうか?臨月になると子宮は胎児・胎盤・羊水を含めると5kg以上となります。さらに個人差がありますが、血液量や脂肪量の増加もあるため、全体で8kg以上の体重増加がみられます。お腹の前に5kgの重さを抱えると、脚が前方方向へ背中は後方方向となり、背中が反った姿勢になります。これは、重い荷物を持つ時と同じで、自分の姿勢の中心軸に重いものを持って来ると、支点と作用点の関係上、軽くなるからです。しかし支点となる腰椎に負荷が増すため、腰を痛めてしまいます。そしてさらに女性ホルモンの影響で骨盤を中心とする靱帯や筋肉が緩んでしまいますし、運動不足のために筋力も落ちる傾向がありますので、非常に腰痛を起こしやすい状態といえます。

ワンポイントアドバイス 入間市|みずき整骨院

おすすめします。 日本産婦人科学会総会でその効果を認められています。このベルトは、妊婦の為に作られたベルトで、骨盤の位置を正しく保ち、腰痛を予防する役割があります。そして腰痛が強くなければ、予防のためにも運動を行って下さい。水中運動や水泳が、おすすめです。水中では浮力があるため、腰や膝に負担が少なくなります。それに転倒もしないので、胎児にも安全といえるでしょう。その他、手軽にできるものは、ウォーキングも効果的です。
運動する注意点は、腰の痛みが強くなったら運動は中止して下さい。悪化する原因になります。