疾患例

  • テニス肘
  • ゴルフ肘

肘の損傷以外にも肩甲胸郭関節が原因

加齢や長時間のディスクワークなどのよる不良姿勢により肩甲骨の周りの筋肉が固まり、動きが悪くなります。そのことにより、肘の衝撃を、肩甲骨で吸収できなくなり、肘を損傷してまいます。治療の際には、肘の治療と肩甲胸郭関節の治療が必要となります。

院長から、もう一言

肩甲骨の動きがなくなると、肘や手首の力に頼ってしまいます。ゴルフやテニスでは手打ちになり、より大きい力が肘にかかってしまいます。その状態で運動をし続けると肘に負担がきて、痛める結果となります。
肩甲骨を上手に使うと、大きな力を出すことができます。しかも、肘や手首は、力を抜くことができ、鞭のようにラケットやクラブを振ることができます。それがスイングスピードUPにつながります。

肩関節の痛みも肩甲胸郭関節が原因

  • 肩関節周囲炎(五十肩)
  • 腱板断裂

肩甲骨の動きがなくなると、肩も同様に負担がきます。五十肩の原因や肩甲骨の動きが悪いまま、運動をすると腱板断裂を起こしやすい状態となり危険です。

肩甲胸郭関節の動き

普段、肩甲骨の動きを意識して、腕を動かしている方は少ないと思いますが、肩関節を大きく動かす時(ボールを投げる時や万歳する時など)には、肩甲骨は良く動くようになっています。しかし、中高年の方の、ほとんどの方が肩甲胸郭機能障害(肩甲骨の動きが少ない状態)なっているのが現状です。

外転 内転
b_image_7 b_image_8
拳上 下制
b_image_9 b_image_10
上方回旋 下方回旋
b_image_11 b_image_12

株式会社ジースポート 解体演書 上肢の構造と運動から引用

院長から、もう一言

通常では、肩甲胸郭機能障害があっても、痛みや日常生活では、何の不自由はありませんが、重たいものをもったり、運動をした際に、怪我をするリスクが高くなってしまいます。
そして、長期的にみますと、動きが悪くなることにより肩甲骨周りの筋肉も使えなくなるため、筋肉が落ちます(背筋)。背筋が弱くなると、背骨を支える力が弱くなり、背骨に負担が多くなり変形し、腰も曲がります。そうやって、老化へ進んでしまいます。肩甲胸郭機能障害は、老化現象で起きるわけではありません。普段からの姿勢や運動不足から起こるものです。改善できますので、お悩みの方は、みずき整骨院に相談してください。