原因・症状

2~4歳の小児に多くみられ、親が手を引っ張った時やひねった際に発症します。症状としては、突然痛みで泣き痛い腕の方を「だらん」と腕を下げ、反対の手で腕を動かないように支えるようにします。


解剖

肘関節脱臼とは異なります。小児は骨が完全に出来ていない為、腕を強く引っ張ると輪状靱帯が橈骨頭から外れてしまいます。


施術

施術は、整復を行います。はまりづらい事もありますが整復は一瞬で終わります。整復が終われば痛みもなくなり、お子さんに笑顔が戻ります。