高齢者に多く、腰を曲げて乳母車を押して歩いている方はこの脊柱管狭窄症です。この病気は硬膜(脊髄神経)を入れている脊柱管が骨・靱帯・ヘルニアなどで、老化現象により狭くなり、神経を圧迫します。この症状の特徴は、じっとしている時や距離の短い歩行は症状がでないのですが、長く歩くと下肢への痛みが出て継続して歩くことができなくなります。しかし、しばらく立ち止まっているとまた再び何事もなく歩くことができます。そのことを間欠性跛行といい脊柱管狭窄症の特有の症状となります。そして、症状が進行して行くと、背筋を伸ばして歩くことが辛くなり腰を曲げて歩く姿になってしまいます。