椎間板は、椎体という円柱様の骨に挟まれた組織で、その外側は線維輪という線維性の組織、内側は髄核という軟骨細胞をいれたゲル状の組織からできています。骨と骨に挟まれたクッションだとイメージをして貰えればわかりやすいです。椎間板ヘルニアでは、このクッションが傷んで中身(髄核)が飛び出すと、神経根を圧迫しお尻から足にかけて痛みが出たり、筋力低下・知覚障害などおきます。さらに症状が悪化すると、尿や便が出なくなることもあります。また、初期には腰の痛みだけだったものが、やがて腰の痛みが和らぎ、それと同時に片方のお尻から足にかけての痛みに変わることがあります。これは、はじめ痛めた椎間板が痛みを引き起こしていたのですが、椎間板が破れ髄核が飛び出したことにより、神経根へ圧迫され、下肢への痛み方に変わったと思われます。そして、椎間板は破れたことにより内圧が下がり痛みが和らぎます。

腰椎椎間板ヘルニアとは?

腰椎椎間板ヘルニアは、椎間板のなかにある髄核が、背側のほうに飛び出すことにより神経(神経根や馬尾)を圧迫・障害して症状を出す病気です。特に「腰椎の第4と第5間の椎間板」と「腰椎の第5と仙椎の間の椎間板」が好発部位です。主な症状は、足(下肢)の痛みやしびれです。それに伴い腰痛を引き起こす場合もあります。痛みは、動作時だけではなく、安静時にも伴います。「腰椎の第4と第5間の椎間板」では。すねの外側に痛みが走り「腰椎の第5と仙椎の間の椎間板」では、「太もも」の後ろから「ふくらはぎ」にかけて痛みが走ります。足が持ち上げにくくなったり、歩きづらくりもします。重い症状では、尿が出づらいなど排尿障害も生じる場合もあります。

腰椎椎間板ヘルニア|男女比と発症しやすい年齢

腰椎椎間板ヘルニアの男女比は2~3 : 1で男性の方が多く、発症しやすい年齢は20~40歳代と比較的若年者が多いです。

腰椎椎間板ヘルニアと坐骨神経痛との違いは?

坐骨神経痛みは、病気の名前ではなく、一つの症状を表します。腰椎椎間板ヘルニアでなくても、他の疾患でも坐骨神経痛は起こります。なので、坐骨神経痛があっても、ただちに腰椎椎間板ヘルニアと決めつけることはできません。

腰椎椎間板ヘルニアと「ぎっくり腰」との違い

一般的に「ぎっくり腰」は、重たい荷物を持ち上げたりして、不用意に腰を捻った時などに急激に起こる腰痛であって、痛みが強いからといって、すべてが腰椎椎間板ヘルニアとは限らないです。「ぎっくり腰」は(足)下肢への強い痛みはありません。

腰椎椎間板ヘルニアと仕事との関係

仕事との関係はあります。肉体重労働者や車の運転手の方は、腰椎椎間板ヘルニアになる確率が高いといわれています。特に前かがみで重たい荷物を持つ姿勢で作業をする方の発生率が高いことが指摘されています。

安静にしたほうが良いのでしょうか?

痛みが強い場合は、安静が一番です。お風呂に入ったり、ストレッチ、筋トレをしたり、自分で治そうとすると、かえって悪化するケースが多いです。しかし長期に渡って、安静でいると体全体の筋力を弱めてしまいますので、痛みが強くなければ、適度に動いた方が良いでしょう。

牽引治療はどう?

牽引治療の効果は、明らかになっていません。患者さんのよって効果が、ばらつきがあるようです。

コルセットはした方が良い?

痛みが強い場合はした方が良いです。コルセットをした方が痛みが楽になり、痛みによって増幅する炎症を抑えることができます。しかし、長期に渡って装着することをおすすめできません。筋力低下や関節の可動域を低下し、自己治癒力を抑えてしまうからです。

手術せずに良くなりますか?

腰椎椎間板ヘルニアで1割の方が手術が必要だといわれています。その他は保存的療法で行えますが、腰痛で足(下肢)の痛みが強かったり、足を持ち上げにくくなったり、尿の出が悪かったりしたら、整形外科でMRIやCTなどで、検査が必要です。

手術を受けるとした、どうしたらいい?

日本脊椎脊髄病学会で、300症例以上の脊椎手術の経験などがある医師を紹介しています。

ワンポイントアドバイス 入間市|みずき整骨院

手術を必要としている1割の腰椎椎間板ヘルニア以外は、保存的治療の適応となります。みずき整骨院では、痛みが減ってきたら、ストレッチや筋トレを含め、腰に負担がかからないような体にすることが大切だと思っています。何故なら、腰痛全般にいえますが、腰に痛みがある方は、関節の固さや筋力低下に共通点があるからです。日常生活の改善点も含め総合的な指導が大切です。