今週9/8は中秋の名月(十五夜)でしたね(^^)院内のいけばなにもススキが登場しました☆十五夜ではなぜお団子とススキなのかなぁ。と思ったので調べてみました!

中秋の名月(十五夜)とは、旧暦の8月15日に見える月を意味するそうです。旧暦では秋は7~9月となっていて、その真ん中が旧暦の8月15日になるため「中秋」って呼ばれるそうです。
実際は、毎年9月中旬~10月上旬に旧暦の8月15日がやってきます。なので、毎年日にちが違うんですって。そして、十五夜って、必ずしも満月になるわけではないそうです。驚きました(@@)ちなみに、今年から2020年までの7年間は完全な満月ではないそうですよ。

あとお団子も調べてみました( ゚∀゚ )お団子は、穀物の収穫に感謝してお供えしたのが始まりです。では一体幾つお供えしたら良いのでしょう(??)それは、その年に出た満月の数として12個お供えするという説と、十五夜だから15個という説とあり、どちらの数でもよいそうです。

次にススキです。ススキは神様の依り代と考えられていて、また穂が稲穂に似ているので選ばれたと言われています。ススキの鋭い切り口が魔除けになるとされているので、お月見の後、軒先に吊しておくと、1年間病気をしないと言われてるそうです。
・・そう言えば、お祖母ちゃん家でみたススキで作ったフクロウは魔除けだったのかなぁ。。

最後に話はそれますが・・秋の七草の一つがススキ(おばな)だとご存知でしたか?おばな=ススキということを始めて知りこれまた驚きました!!秋の七草と共に、お月見っていうのもいいですね(^^)

今年はみずき整骨院の玄関先にススキが吊してあるかも知れません(*´∀`)ね!

いけばな

写真 名前
ススキ ススキ
アシ アシ
りんどう リンドウ
菊
菊2
菊
あじさい あじさい
あじさい2 あじさい
待合室 待合室