健康保険証|料金表

負担割合 初診日 二日目以降
1割負担 230~400円 160~200円
2割負担 470~800円 170~330円
3割負担 700~1200円 250~490円

筋膜リリース

腰痛の約85%はレントゲンやMRIやCTなど検査には異常がなく原因不明といわれいます。そんな中、最近の学会等で注目されているのが「筋膜」です。筋膜は、名の通り体全体の筋肉を覆う膜で、各筋肉同士がバラバラにならないように、まとめる役割を持っています。そのある1カ所から数カ所の筋膜が硬くなることにより、全身の筋肉が筋膜に引っ張られ、負担の来るところに痛みが発生します。例えば、運動をして、「ふくらはぎ」を使いすぎるとふくらはぎの筋肉が張ったり、硬くなったりします。それに伴い筋膜も引っ張られ歪みが発生します。その筋膜の歪みが腰椎を牽引し、腰痛を発症させる原因となります。その他にも、デスクワークなどで、長く座っていると、お尻や裏ももが圧迫され血流が悪くなります。それに伴い筋肉が硬くなり筋膜の歪みが発生します。従って腰痛は筋肉の使い過ぎでも起こりますし、長く同じ姿勢でいることでも発症します。
腰痛の原因は腰にあると思われがちですが、腰痛の殆どは、関連する筋膜のつながりの歪みにより発症します。そんな、筋膜のつながりを見つけ出し、筋膜の硬くなっている場所を緩め治していくのが、筋膜リリースです。そして、腰椎椎間板ヘルニア・脊柱管狭窄症・腰椎すべり症・腰椎圧迫骨折でも、急性症状がない場合など、特定の症状であれば、筋膜を整えることにより痛みが解消され楽になっていく患者さんも多くいらっしゃいます。

筋膜リリース

筋膜リリースとマッサージの違い

筋膜リリースも同様にマッサージのようにもみほぐします。一見、単なるマッサージに思えますが、最大の違いは筋膜の関連性のある筋肉をターゲットに緩めます。例えば、腰が痛いのに腕や脚の筋肉をリリースします。同じ腰の痛みでも、一人一人同じ原因ではありません。無数にある筋膜のつながりを見つけ出すことが大切で、痛いところを中心にマッサージをすることは致しません。

超音波療法

超音波療法

超音波治療器は、体の深部の神経に刺激し筋肉を緩める作用があり、鍼灸(ハリ)と同じような効果があります。超音波は神経への刺激ができるため、背骨が原因の脚や腕などへの痛みや痺れにも効果的です。しかも、深部への温熱効果もあるため、より治りやすい環境を作ります。※超音波治療で効果を出すには、熟練した技術が必要です。

深部の患部も立体的に直接温める立体加温

超音波療法超音波が生体組織に照射される際に生じる熱で、温熱作用を発生させ、超音波が到達している範囲を立体的に温めることができます。ホットパックや遠赤外線など体表面を温める伝導加温では、体表面でエネルギーが消費されてしまい、体の深部まで温めることはできません。

1秒間に数百万回のミクロマッサージ効果

超音波療法1つのプローブで1MHz・3MHzに対応。プローブの中の結晶体を伸縮させることで「圧電効果」による音波を発生。1秒間に100万回(1MHz)/300万回(3MHz)の高速度ミクロマッサージにより、深部に直接刺激を与えることができます。

皮下9cmまで超音波が浸透し神経に刺激

超音波治療器は体の深部9cmまで浸透できるので、腰などの筋層が厚い部位でも神経に刺激し筋肉を緩めることができます。腰からの下肢への痺れや痛みも効果的にとることができます。

高周波治療器テクトロン

テクトロン

ランダムアクセス波療法

人体の皮膚には電気に対する抵抗が有り、その抵抗は周波数が低いほど大きく、周波数が高いほど小さくなる特徴があります。テクトロンは、従来の低周波治療器に比べ周波数が高く、皮膚抵抗が非常に低くなり、皮膚で消費される電気エネルギーが減少するてめ、不快と感じることが少なくなります。また、絶えず波形や周波数、電圧、電流を変化させることにより、治療患部には、鎮痛効果を、臨床面、リハビリ領域においても効果が期待できます。