• お知らせ 電話受付継続中
    Aeropure

    新型コロナの感染者も減少し収束しつつありますが、冬に向けて第6波のが懸念されています。みずき整骨院では、2020年4月から新型コロナ感染症対策として、電話受付し、待合室で、人と人との接触を極力さけるように対策をとってきました。今後も引き続き、電話を受けた順番で、前からつめてお取りしていますので、こちらからお伝えしたお時間にお越しいただきますよう、お願い致します。※患者様からのお時間指定のご予約はしておりません。これからも、気を緩めずに新型コロナ感染症対策を講じてまいりますので、今後とも、みずき整骨院をよろしくお願い致します。

プロフィール

みずき整骨院 院長 武井 瑞木
院長
どんな疾患にも「電気をかけてマッサージ」こんな治療が大っ嫌いな院長。

「痛みの原因はどこか?」
「何故、そこを痛めたのか?」
「どうしたら、患者さんの辛い痛みを取ることをできるか?」を追究

「年齢(老化)のせい」と諦めさせない整骨院です。

【基本情報】

  • 年齢 44歳
  • 性別 男性
  • 出身地|住んでいるところ 所沢
  • 趣味 ゴルフ・テニス

【みずき整骨院の強み】

  • レントゲンでは映らない痛みの原因がわかる。
  • 痛みを取る治療に特化している。
  • トレーニング指導歴14年|ダイエットから関節疾患改善まで幅広いトレーニング指導を行っている。

【経歴】

1995年
高校卒業後~、鶴ヶ島市の岸接骨院に住込み・勤務しながら、学校へ通う
2005年
みずき整骨院を開業

2006年
加圧トレーニングの資格取得
「ダイエット・中高年の足腰強化に適した」加圧トレーニングを開始。
2016年
インディバ セラピスト・ライセンス取得
「コンディショニングに最適な」インディバを開始。
2018年
ハイボルテージ療法導入
「痛みを取ることに特化している」ハイボルテージ療法を開始。
2018年
EMS機器を導入
「インナーマッスルをうまく使えない方におすすめ」電気を使ったインナーマッスルトレーニングEMSを開始。
2019年
R●Conditioning Coachの資格取得
「運動で腰痛や肩こりなどの慢性疾患を治す」ことを目標に、資格取得後も患者さまに提供できるように、日々研究中。
院長院長

腰痛などの慢性疾患の痛みの原因は、「痛めるカラダの使い方をしている」からです。
800種類以上の運動メニューから患者さまの症状にあわせたエクササイズを処方し、患部(痛めたところ)に負担がかからないカラダ作りを提案します。放置すると、骨が変形し、腰が曲がるなど、本当の意味で治らなくなります。これからはトレーニングが慢性疾患の治療のスタンダードになることを確信しています。

【慢性疾患にトレーニングを介入する経緯】

2017年からR●ACADEMY日本身体機能研究会で、慢性疾患を改善させるトレーニングを勉強し、トレーニング介入の有効性を実感。痛みは治療で改善できますが、痛みの再発予防や根治には、トレーニングが不可欠と認識した経緯です。

これからの展望

2021年
パワープレートを導入
リハビリに特化した整形外科でも多く取り入れているパワープレートを導入。トレーニング前に関節の柔軟性を上げるのに適しています。
2022年~
トレーニング整体を開始予定
「運動で腰痛や肩こりなどの慢性疾患を治す」ことをトレーニング整体と命名し、本格的に開始致します。

インスタグラム